スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリポタ輪廻いまだ解脱せず

2015.04.27 (Mon)
ハリポタ輪廻からは解脱したのかとのお声をいただきましたので
ご報告いたします。

してません( ̄∀ ̄;)

というか今やっと『死の秘宝』のビルとフラーの結婚式の場面まで来たんですけど、
ちょっと二、三日忙しくてまともに読めてなかったんですよね。
早いとこ読み終わりたい。
7巻は1回しか読んでないからほとんど覚えてない。
大まかな出来事だけしか。
フレッドが死んじゃうとかドビーが死んじゃうとかルーピン先生が死んじゃうとか(泣)、
スネイプはリリー命だったとかそれくらいしか記憶がない。
あ、あと親世代が出てくるんだよね。
子世代より親世代の物語の方が気になる私は
ヲタクは王道を走れないというジンクスにとりつかれているのだと思います。
ポッタリアンは卒業したけどね!

今日はちょっと時間がとれるので読み進められたらいいなと思います♪


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://rainy0dusk.blog.fc2.com/tb.php/963-36bffedc
トラックバック
コメント
おお、七巻まで来てましたか!
私なんて、何度か読み返そうと思っては(←一巻からじゃなく四巻からとか、適当な始め方でw)、上下巻の上巻で読むのやめてしまうケースばっかりですよ。
発売された当初は、寝るのも忘れて熱中して読んでたんですけどね~(^_^;)
七巻は、ドンブルドアが実は生きてるんじゃないかって、そればっか期待しながら読んでた記憶がありますw
以前何かの記事で、ハリポタ作者さんが、ロンとハーマイオニーじゃなく、ハリーとハーマイオニーをくっつけるべきだったと語ってらしたけど、私としてはハーマイオニーにはロンがいいと思います(断言)
お忙しいでしょうが、今日はゆっくり読めるといいですね(*´∀`*)
のん | 2015.04.28 14:26 | 編集
のんさんいらっしゃいませ~v
はい~やっと7巻辿りつきました!
私はポッタリアン全開だった頃は、日本語版発売が待てなくて原書買ってまで読んだんですが、6巻でダンブルドアが殺されるところはもう超衝撃でしたね。
泣いた泣いた。あの頃はダンブルドアが一番好きなキャラだったんで。
ハリーがダンブルドアにかけられた金縛りの術が解けた時点で術者が死んだことを意味するって言うような雰囲気のことを言った(書いてあった)件で、ダンブルドアは本当に死んだんだなと思ってました。
それからムーディーの魔法の目が何でアンブリッジの部屋にあったのか、それが今でも不思議でなりません。
あの女は実は闇の魔法使いと繋がりがあったんではと疑ってしまいます。
ハーマイオ二ーはハリーと結婚すべきだったというローリング女史の記事、私も読みましたよ!
私もハーマイオ二ーにはロンがいいと思います!だって、あれだけフラグ立てておきながら・・・!というかロンには彼女が必要だったと思います。
何よりジ二ーの長い長い片思いが報われてほしいですし!
しかしあれですね、ハリポタの作者級の創作者でも後悔っていうのは残るものなんですね。
赤の紋章書き終って、いろいろすごく後悔したというかもやっとしたものなんですが、なんかどんな偉大な作者でも、作品に対して何かしらの念が残るものなんだと思ったらちょっと楽になりました。
だからローリング女史のあの告白にはとても救われました。
トールキンの息子のクリストファ氏も、父の遺稿を編纂していく中で重大な間違いを犯してしまったと嘆いたそうです。私はその間違いは間違いじゃなく正しいものであってほしいんですけど(笑)。
とにかくそのとき書けるものを全力で書く!ですね。と、最近の私に向けて言ってみる・・・( ̄∀ ̄;)
開店休業状態のDUSKに遊びに来て下さってありがとうございます!
頑張って何とか何か書きたいと思います!!
また遊びに来てやってください~v
りお | 2015.04.28 20:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。