スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんたが言うな

2015.03.17 (Tue)
ニュージーランドちわわん生活のノリさんが書いていらしたんですが、
ホラー作家の鈴木光司さんが

「貞子?あんなもん怖くねーよ。
ありゃ俺が作ったんだから」

とのたまったそうですが、
日本全国どころか全世界を恐怖のどん底に突き落とした張本人の

あ ん た が 言 う な 。

そしてさらに

「『リング』とか怖がるやつはアホ」

ともおっしゃったそうで( ̄∀ ̄;)

だ か ら あ ん た が 言 う な 。

でもビビりの新澤ですが、『リング』は

どこで怖がったらいいのかわからなかった( ̄ω ̄;)

えーと、井戸から出てくるとこ?
私はあのシーンは「この人すげえ!」て思ってみてたけど。
井戸から出てくるのはいいとして、テレビから出てくるとか

も は や ギ ャ グ と し か 言 い よ う が な い 

と思うんです。
『着信アリ』の原作を立ち読みしたけど、
あっちの方が読み始めは怖かった。
ていうか痛そうで読むのやめた。

私は生粋の日本人ですが、日本人の演技が苦手
(すみませんすみませんすみません)。
邦画はほとんど観ません。
ホラーで言うなら『死霊館』、『デッド・サイレンス』あたりが
怖かったというか面白かったです。
怖かった映画って何だろう、子供の頃は『チャイルド・プレイ』の
チャッキーが暖炉から出てくるとこが怖くて仕方なかったけど、
それくらいかなあ。
いや、これでもビビりなんですよ、本当に。
心霊写真とか大嫌いね。
心霊番組とかも怖いから見ない。(そもそもテレビを見ない)
でも映画はほら、作りものだってわかってるから。

ただし、実話関係は除く。
『死霊館』は実話らしいけど、脚色がすごそうだから
安心して(?)見れた。
絶対見ないと心に決めてるのは、ドイツの『es(エス)』。
結局一番怖いのは生きてる人間。
『es』の内容知りたい方は検索してみてください。
恐れおののくと思います( ̄□ ̄;)

精神的なやつじゃなくてなんか面白いホラーないかな~。
『アナベル』も早くDVDにならないかな。
ホラーに「面白さ」を求める私もどうかと思うんですが( ̄∀ ̄;)


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://rainy0dusk.blog.fc2.com/tb.php/935-158de417
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。