スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント&メールフォームお返事v

2015.02.08 (Sun)
新澤りおの『赤の紋章』にご感想をいただきました。
いやあ、勉強になりますわ・・・。
以下、お返事です!
折りたたみますがブログ村、検索から直接この記事にたどり着かれた方には
折りたたまれていない可能性があります。
ご了承ください。








>のん様v
 完読ありがとうございます!!しかも二回も!!
 そしてあんな話で本当にごめんなさい!!
 ほのぼのとしたお話を書かれるのんさんにこんなもの読ませてしまって、
 そしてのんさんが「二人の未来を思い描いている」とうかがった時点でもう申し訳なくて申し訳なくて。
 でも言ってしまったらネタバレになるので言えず・・・orz
 怒らせるようなお話で申し訳なかったですが、キャラたちのために怒ってくださって嬉しかったです。
 私このお話書いたときずーっと不完全燃焼で、
 なんかもやもやする何だろうと思っていたんですが、
 そうか、ファリガーナの気まぐれのせいだったのかも知れません。
 ファリガーナや諸神の犯した過ちについてはのんさんの仰るとおりですね。
 『赤の紋章』のメンバーは、悪役キャラ以外、私欲のために殺しをした人は一人としていません。
 エレナもウィルも、最強の剣術の腕を誇るジェフだって、
 自分か仲間の命が危なかったとき意外は人を殺めたことはありません。
 チャドにいたっては殺しをしたことすらありません。(チャドは生きてますよ!)
 ファリガーナも諸神も、人間に対する見解が甘すぎたということですね。
 この世界の神様たちは全知全能ではないところが残念な点なんですが(苦笑)。

 が、私の物語の構成が下手すぎる上に織り込まなきゃいけないものを
 織り込めなかったのでここで言い訳させていただきますが、
 この世界の人間の国は、主に大陸においてですがとにかく争いが絶えない世界でした。
 それを見ていた神様たちには、なぜお互いを傷つけあうのかさっぱり理解できず、
 「人間=愚か」という認識しかありませんでした。
 とにかくどんな理由であれ殺人を良しとしない(当たり前ですが)神様たちは、
 いかなる理由があろうと、正当防衛であろうと禁忌を破ることを赦しませんでした。
 そんなことしたら悪い人間だけが蔓延る世界になってしまうことも容易に想像できそうなものですが(^^;)
 ですがそんな人間の良心が全面に押し出された長老と息子、リアーナの一族を見て、
 ファリガーナはそれはそれは驚いたんです。
 人間てこんな一面もあるんだと。
 それを信じて約束させ、争いのない人間の世界を創造させたかったのですが、叶いませんでした。
 のんさんの仰るとおり、人間には永遠なんてないのに・・・ね。
 うん、考えれば考えるほどこの物語で一番酷いことしてるのはファリガーナですな(苦笑)。
 唯一の全知全能神たる最高神にも責任はありますね。
 のんさんの仰るとおりです。

 それからこれは私事の心情だったというか、
 これまたのんさんを怒らせてしまいそうなことなのですが、白状しておきます。
 赤の紋章メンバーがあれだけバタバタ命を落としていく中で、
 ジェフとエレナだけが赦されて生き残るというのがどうしても自分の中で腑に落ちなくて、
 ああいう結末を迎えざるを得ませんでした。
 正当防衛しかしていないのはみんな一緒なので。
 もんのすごーく悩みましたし今でも悩んでいる結末なのですが・・・。
 でも二人が命を懸けて贖罪を果たしたおかげで生き残った人たちも大勢います。
 クレストを始め、ジェフとエレナの遺志を継いで、
 これから争いのない世界を作ろうとみんなで尽力します。
 
 実は私、一度すごーく悲しくて壮絶なお話を書いてみたくて、
 実際にやっちまったらこんな結果になりましたm(_ _;)m
 このお話を思いついたときにはシルマリルなんてシの字も知らなかったのですが、
 あれを読んでから拍車がかかりました。
 でも実際に書いてみるとすごーくもやっとするものですね、主要キャラが死んじゃうお話って。
 なのに性懲りもなくシルマリル目指している私は阿呆です(^^;)

 番外編の“if”シリーズは、もしもジェフとエレナが恋仲になっていたらという設定が多く、
 相当バカップルになっています。
 この殺伐とした世界ではありえなさそうなギャグもあります。
 あ、でもイロモノとかえっちぃ表現が苦手だったらすみません(^^;)
 そんなに生々しくは書いてませんが、大人の恋仲ということで流れはそっちにいくものが多いです。
 今のところですがもしもウィルと恋仲だったらというものも一つだけあります。
 薄ら暗い背景はどうしても残りますが、のんさんが気に入ってくださったエレナが幸せに暮らしています。
 本編読んでぐったりされていることでしょうからぜひ、お口直しに読んでみてください。
 回を追うごとにジェフはSに、エレナはデレッデレになっちゃってますが(^^;)

 『赤の紋章』、読んでくださって本当にありがとうございました。
 ファリガーナへの異議もとても参考になりましたし嬉しかったです。
 長くなりましたがお礼とお詫びとさせていただきます。
 ありがとうございます!!

 新澤りお

スポンサーサイト
トラックバックURL
http://rainy0dusk.blog.fc2.com/tb.php/875-b4c029ea
トラックバック
コメント
ひゃー、ごめんなさい(´Д`;)
りおさん、どうぞ謝らないでくださいませ。一読者の勝手な感想ですゆえ、何卒笑って無礼をお許し下さい。m(_ _)m

昨日メール送ってから、思ったんですけど、神様だからって必ずしも絶対に完全無欠の間違いなし子である必要はないわけで、だからファリガーナ含め神々の行動を責めるのもお門違いだったなと反省しました(´・_・`)
すみません、感情移入・激な性分なもので、何卒大目にみてやってください。ファリガーナ様~、神罰はどうかご勘弁を~。(←今更)

私も、いつもほのぼの話書いてるわけじゃないんですよ(汗) 過去作を振り返ると、むしろほのぼののほうが少ないくらいです(´∀`;)ホント。
戦記ものとかだと特に、主人公の大事な人もそうじゃない人も、躊躇いなく酷い形で次々死なせるしw 主人公を決起させる道具として、人気があった主要キャラ(主人公がすっごい懐いてた)をやたら酷い目にあわせた挙句、一旦助かるよ~みたいな希望持たせてから、真っ逆さに落としてコロしたこともありますしね(鬼) その話のときは、さすがに読者の方から完結後に、「最後の最後まで、ヒロインは一体どこで死ぬのかヒヤヒヤしながら読んでたのに、まさか死なないなんて(笑) すごいトリックだった(笑)」って言われましたけど(ノ∀`) 
まあ、お話ですから! 
だから別に、このお話の結びの形がどうのこうのってわけじゃなくて、ただ単純に、ファリガーナのやり方に憤りを覚えたというか…。きゃー、ファリガーナ様、神罰はやめて~!(焦)

人は何の命に対してもその生死に責任は持てないから、たとえそこに人間の悪意があってもなくても、大きな流れの中で生きるものは生きる、滅ぶものは滅ぶ。それでいい(というか仕方ない?)って、割り切っちゃってる私の話ほうが、争いのない世界を創るきっかけを一生懸命模索していらっしゃるりおさんの話に比べたら、激しく殺伐としてますよ、はっはっはっは。←開き直りw

エレナがデレッデレwww
可愛いだろうな、さぞかし(*´ω`*)
Sのジェフにも興味が湧きますわ~w
番外編も、楽しませていただきますね♪
のん | 2015.02.08 15:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。