スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わらざりし進捗状況

2015.01.10 (Sat)
進捗状況が終わんねーみてーだな。


トゥオル、ネヴラストのトゥアゴンの玉座にて武具一式を見つけるの巻。
フェアノールのランプ欲しい!!
風にも水にも消えない光のランプ!!
アウトドアとか何するわけでもないけどほしい!!
そういえばトールキンワールドのイラストでそんな場面を見た気がする。

フェアノールはホント発明家ですね。
シルマリルは呪われた神聖なアイテムになってしまったけど・・・( ̄∀ ̄;)
でもシルマリルがあれば二本の木はまた生き返るってことだから
決して負の遺産ではないはず。
金星を見ては「シルマリルが輝いている・・・ヴィンギロトが・・・エアレンディルが・・・」
って思っちゃいますもん。
多分世界中でそう思ってるのは私だけではないはず(笑)。

ホビットの冒険のアーケン石は、
実はマエズロスが身を投じたときに抱いていたシルマリルの一つだった・・・
とかってないですよね???
描写がシルマリルと似てるけど、
シルマリルは定命の者が触れることはできないはずですもんね。
・・・ベレンとルーシエンという例外はいるけれども( ̄ー ̄;)
あれは何ゆえ?
ルーシエンはわかる気がするけど(マンドス還りして死すべき定めになったとはいえエルフだし)、
ベレンはマンドス還りの前も後もめっちゃ人間ですよね。
シルマリルの運命ゆえ?
謎が多いぜ、シルマリル。
妄想にはモッテコイ。

あとマグロールはシルマリルどんだけ遠くに投げたんだろう。
その辺にポチャンと投げただけならすぐに発見されちゃいそうだし、
何かこう、断崖絶壁みたいなところから思いっきり振りかぶって
遠ーくの深海へ投げたイメージがあるんですが、
どこまで飛んでったんだろう・・・。
ていうか深海ってことはすごい勢いで投げたんだよね、きっと・・・。

・・・エアレンディルもエルウィングも半エルフだけど、
シルマリルに触れても火傷しなかったてことは、
半エルフに生まれた人(?)は一応エルフってことにカウント(??)されるんだな。
人の子の道を選んだらもうシルマリルには触れられないのか。
謎が多いぜ、教授。


あ゛-、終わらざりしの話題のはずが気付くとシルマリル・・・。
まあ、終わらざりしも話題にできるほど読み込んでないけど( ̄∀ ̄;)
指輪の原作も読まなきゃいけないし、
眠いとか言ってらんねーな。
指輪は今ハマが出てきたところですよ。
こんなところでテルハールの名前を拝もうとは思いませんでした。
教授の頭の中には本当に大昔からシルマリルの構造があったんだなあ。
草稿だけで発たれてしまうなんて・・・(TдT)
出版してくれたクリストファ氏、ありがとう。
翻訳してくれた田中明子さん、ありがとう。
なによりトールキン教授、ありがとう。

トールキンワールドがあって、今の私がある。
感謝。


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://rainy0dusk.blog.fc2.com/tb.php/827-e62e2098
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。