スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『赤の紋章』反省座談会

2014.12.23 (Tue)
大変痛そうな座談会になりそうですが、いきますっ!



[00]反省会を始める前に、まず今日の出席者を確認します。ひとりずつ自己紹介をどうぞ。
 ジェフ「ジェフだ」
 エレナ「エレナよ」
 ウィル「ウィルだ」
 アリス「アリスよ」
 アール「アールだ」
 チャド「チャドだよ」
 新澤「作者です」


[01] 今日は何の反省会でしょうか? テーマの発表をお願いします。
 チャド「ズバリ、この物語について!!」
 ・・・チーン(全員下を向く)


[02] 何故今回はこのテーマになったのでしょうか?
 チャド「新澤さんがあんまり最近赤の紋章の結末について悩んでるもんだからさ」
 ウィル「俺達からもなんか言ってやろうってわけだ」
 エレナ「いい機会だから色々言わせてもらうわ」
 アール「エレナ、そんなに殺気を放ってはいけないよ。新澤さんが怯えているじゃないか」
 新澤「(ビクビク)」
 アリス「大丈夫よ、新澤さん」
 ジェフ「いや、覚悟しておいたほうがいいぞ」


[03] では、このテーマについての反省すべき点をおひとりずつお願いします。
 ジェフ「新澤、まずお前からだろう」
 新澤「はぃ・・・まず初期設定とずいぶんかけ離れてごめんなさい!」
 エレナ「かけ離れてどころじゃないわ。私の友達一度も出番がなかったわ」
 新澤「いや、でも彼女も悲惨な目に遭うし・・・。あと結末もあれでよかったのかなってすごく悩んでます」
 アリス「完璧な結末なんてどこにも存在しないと思うわ」
 新澤「アリス・・・(T∀T)」
 チャド「次は俺だね。船が沈んでから身動き取れなくなっちゃって、みんなには迷惑かけたな」
 ウィル「いや、身動き取れなくさせたのは新澤だ。気にするな」
 新澤「lllorz」
 ウィル「俺は、エレナの望みをかなえてやることができなかった」
 ジェフ「それは俺への当てつけか。最後の最後まで、俺は己の非力さを思い知らされるだけだった。エレナを何とか逃がしてやりたかった・・・」
 アール「それは私達も同じだよ」
 アリス「そうね。私なんか、エレナに迎えに行くと言った直後に死んでしまったんだもの。嘘つきもいいところだわ」
 エレナ「私は・・・、みんながそうやって私を逃がしてくれようとしていたのに、他の道を選んだわ」
 新澤「ホントすみませんみなさんorz」


[04] 特に反省することがないと言う人はいますか?
 ジェフ「いないだろう、この中では」
 アリス「そうね、いないと思うわ」


[05] テーマについて、自分なりの改善策をひとつ述べてください。
 ジェフ「俺も親父のように、多くの民を助けられるようにもっと尽力すべきだった」
 アリス「あなたは結果的に島の人の命を救えたと思うわ。あなたが2500年前のエリオスと同じようにエレナの願いを断っていたら、島の人間は絶滅したのよ。それに比べて私は改善のしようがないわね・・・。エレナにも生きていてほしかったけれど、目の前でアールが殺されそうだったんだもの・・・。エレナにはジェフがいるって思ってしまったのよね」
 アール「私は妻もエレナも守れなかった。だが医者としての最期をとげられたんだ。私も改善点は挙げられないな」
 ウィル「俺も改善はできねえな。何でかって?俺編の『First and Last』を読め」
 チャド「俺は今後まだやることがあるからね。そこで挽回するつもりだよ」
 新澤「うん、チャドは何気にこの物語の象徴だからね。番外編頑張るから」
 エレナ「私はもう少し素直になるべきだったわ」
 新澤「みなさんの意見を踏まえて修正作業頑張ります」


[06] 今回集まった人の中で、「この人が1番反省すべきだ」と思う人をみんなで決めてください。
 全員「そりゃ作者でしょう」
 新澤「そうだけど!そんなにみんなで声そろえなくったって!!」
 ウィル「大体お前もうちょっと物事をよく考えて物語を書けよ」
 エレナ「そうね、まず根本からの問題ね」


[07] (↑)で選ばれた方、自分が選ばれた率直な感想をお願いします。
 新澤「痛いです。すごく痛いです」
 ジェフ「俺達にばかり痛い目に遭わせてないでお前も痛い目を見ろ」


[08] 今日の反省会は自分自身を見つめ直すよい機会となりましたか?
 エレナ「そうね、素直になることの大切さを知ったわ」
 ジェフ「俺もだな」
 ウィル「俺は自分のことは嫌ってほどよくわかってるからな。特別な収穫はなかったな」
 アール「私もだ」
 アリス「私もよ」
 新澤「えーと、は」
 全員「むしろお前を見つめなおす場だったんじゃないのかここは」
 新澤「だからそうだけどそんなに声そろえなくったって!!」


[09] この反省会は今後も定期的に行った方がいいと思いますか?
 ジェフ「いや、これでもう十分だろう」
 アリス「そうね。新澤さんがかわいそうになってくるわ」
 新澤「アリスって思いやりの塊だね・・・(泣)」
 ウィル「こいつ(作者)にはいい薬になっただろ」
 アール「あまり人を精神的に追い込むものではないよ」
 チャド「修正作業後にまたやったらいいんじゃないかな」
 ジェフ「いつになることやら・・・(苦笑)」


[10] では、最後に今日の反省会のまとめをお願いします。
 アリス「ジェフ、言ってあげて。私達の思いを」
 ジェフ「俺か?あー、いいか、俺達はチャドを残してみんな作中で死を迎える登場人物だ。だが間違っても命を簡単に投げ出したんじゃない。それぞれの大切なもの、自分の命と引き換えにしてでも守りたいものの為に命を懸けたんだ。たとえその先に死が待ち受けていようと、俺達には守るべきものがあった。人それぞれこの物語をどう捉えるかは違うだろうが、そこは理解してほしい。だから新澤、お前もあんまりくよくよ悩むな」
 新澤「ありがとうみんな~(T∀T)」
 チャド「というわけだから修正作業頑張ってね!」

お疲れ様でした。
 アリス「お疲れ様」
 アール「さて、それじゃあ戻ろうか」
 ジェフ「終わったか」
 ウィル「ところで俺達は別として、あんたとエレナはまた生まれ変わることができるのか?」
 エレナ「さあ。どうなのかしら」
 チャド「あー、それはね、」
 新澤「そういう果てしない伏線を敷くような発言をしない!!」


質問配布元:あなぐら


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://rainy0dusk.blog.fc2.com/tb.php/747-5385dcc5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。