Singing la-da-da-da-da

2014.11.14 (Fri)
ぜんぜんそんな気分じゃないんですけど(^^;)


一週間くらい前から荒れ始めて(精神的に)、
小説と向き合うこともすっかり滞ってしまいました。
なんとなく『The Beginning』が読みたくなっているんですけど。
書く気分になれない。


今日は病院に行って荒れたときの頓服と眠剤を一つ追加してもらってきました。
いつか腎臓か何かの内臓にしわ寄せが来るな、絶対( ̄∀ ̄;)


『指輪物語』は二つの塔に入り、
ボロミアがお亡くなりになりました。
ボロミアの最期の言葉、
原作「おさらばアラゴルン!」
をよく映画では
「My King」
にしたものです。
映画だと私が絶対に泣く場面の一つ。
脚本陣すげえ。

でも本読むのも辛くなってきたのが本音。
展開はわかってるし読み始めれば早いんだけど、
物語は遅々として進まない。
シルマリルみたいな描写があっさりしてるものに慣れてしまったからか、
濃密な描写を読んでると疲れてしまう。
それだけトールキンが表現したかったものが濃いんだろうけどさ。
指輪を初めて読むときの原則(?)、
「詩や延々と描写が続く場面は飛ばす」
に従った方がいいんだろうか。

いや、読むんだ!
最後まで読むと決めたんだから!!
『旅の仲間』の上1が一番読みやすかったな今のところ。

なんか色々うまく行かないけどがんばります・・・。

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://rainy0dusk.blog.fc2.com/tb.php/688-8a7b1c31
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top