スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Beginning あとがき

2014.02.16 (Sun)
終了しました、赤の紋章番外編、カルロスの『The Beginning』。
もとはといえば、ONE OK ROCKの同名曲に感化されて書き始めたものなのですが、
ずいぶん別物になりました。

カルロスは二人奥さんがいたということで、
私の中では女好きというレッテルを貼られていたのですが、
実際そうでもなかったようです(^^;)
書いてみてわかったけど、最初の奥さん、エリーナをずいぶんと愛していたようです。
作中にもありましたがデーナのことも愛していなかったわけじゃない。
ただ置いて行くしか選択肢はなかったのです。
デーナはカルロスに対する執着心が強く、心身共に崩壊してしまいました。
死よりも辛いことかもしれません。

王族でありながら50歳という若さで旅立ったカルロス。
何故彼が瞬く間に疫病に感染し、命を落としてしまったのかは謎のままです。
きっとそういう運命だったのでしょう。

そしてカルロスに関して特筆すべきは、予知能力があったかもしれないという点。
夢に見たよく知る人物が剣に倒れるというのはジェフのことです。
ジェフが死んでしまったら紋章官一族の遺志を受け継ぐものがいなくなってしまう――。
そう直感で感じとって、第二子をもうける決意をしたのかもしれません。
エリーナの死後、カルロスも心身共に消耗しつくしていたのも事実。
デーナが彼の慰めになったのも事実でした。
ただ、ハッピーエンドで終わらないのが悲しいところ。
カルロス自身は、最期は二人の女性と二人の息子を想いながら死んで逝きました。
そこだけは、救いかな・・・?
デーナはかわいそうでしたね。
もっとかわいそうなのはクレストか・・・。
よくぞ健全に育ってくれました(T∀T)

というわけでお楽しみいただけましたでしょうか、『The Beginning』。
まさかのエレナ編を追い越してのスピード完結でした。

ここまでお読みくださってありがとうございました!

本編はこちら
赤の紋章タイトルバナー


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://rainy0dusk.blog.fc2.com/tb.php/323-14da217f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。