スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

触れることすら赦されぬ

2015.07.06 (Mon)
 「王位継承権を、あなたに」
 月明かりの中、ふと彼女が口を開いた。
 一瞬、言われた言葉の意味がわからない。
 「は?」
 「私が受け継いでいる王位継承権のすべてを、あなたに」
 「何を・・・」
 真っ直ぐな瞳で見つめられて、その深い青に俺はいつも魅惑される。
 「姫」
 「姫と呼ばないでって、いつもそう言ってるでしょう」
 セレスティアと、名前で呼んで、と、彼女はいつも屈託なくそう言う。
 が、騎士団の長官ともあろう者が、ベルスの王位継承権を受け継ぐ姫君を、その名で呼び捨てることなど、不敬罪で投獄されかねない。それはいいが、俺の彼女への尊崇の念がそれを許さない。
 「私の血を、あなたのものにしたい・・・」
 彼女はもうすぐ、誰か、選ばれた男と分血の契りを交わす年頃だ。
 それをわかっていて、一体何を・・・。
 俺の脳裏を、かすかな希望がよぎる。
 王位などが欲しいわけではない。
 俺は、ただ、彼女が・・・。
 「私が王位を継いだら、あなたにそれを譲ります。だから――」
 「姫」
 俺は反射的に「姫」と、そう言って彼女の言葉をさえぎった。
 「それ以上、戯れを口にされてはなりません。私のような下賤な――」
 「それ以上自分を卑下しないで」
 今度は彼女が俺をさえぎった。この凛とした響きを持つ声、その場を支配する声は、彼女が生まれ持った高貴なる者の響きだろう。
 「どうして・・・。私はこんなにあなたを慕っているのに・・・」
 顔と顔が触れ合いそうな距離で囁かれても、俺は引くこともできず、かと言ってそのまま彼女をかき抱いて口づけることもかなわない。
 「どうして私はあなたと契ることが赦されないの・・・?」
 ぱたりと、蒼穹の瞳から涙がこぼれた。
 「あなたと結ばれるためなら、私は受け継いだもののすべてを放棄します」
 「姫・・・」
 「だから、お願い、私をここから連れ出して・・・私はあなたと共に生きたい・・・!」
 彼女は俺の胸に顔をうずめて、静かな絶叫を伴うような、振り絞るような声で叫んだ。
 俺のこの腕の何と無力なことか。
 彼女を抱くことも、その涙の流れる頬に触れることすら赦されない。
 彼女を護ると、そう誓った。
 それなのに、俺は彼女を愛してしまった――。
 悟られぬよう、気取られぬよう、その手に触れることすらせずに今まで――。
 それが、彼女を悲しませている。尽きぬ涙を流させている。
 彼女のためと、いつまで言い訳ができるだろう。
 彼女を悲しませたくはない。そのためには、今まで沈黙させていたこの思いを告げなければならない。
 俺には、そんな資格があるだろうか。
 自衛のためとは言え、何人も人を殺めてきた。
 彼女と結ばれるなら、本当に彼女と分血の契りを交わさなければならない。
 俺に、そんな資格が・・・?
 

 この国の行く末も何もかもすべて放棄して、ただ二人で生きることができたなら――?
 そんなことが、赦されるのだろうか。


 「セレス・・・ティア」
 その呼び声に、彼女は驚いて顔をあげた。
 「俺は――」







 『赤の紋章』超“if”!!
 もしもエレナが王宮で育っていてジェフが長官のままだったら!!
 そんで二人が相変わらず両片思いだったら!!
 最後はジェフが何と言ったのかはご想像にお任せします( ̄∀ ̄)
 ホントはこの続きもあるんですけどねー。
 裏になるのでやめます(笑)。
 書いてもいいけど、本格的な裏になるし後味も悪い話になりそうな予感がするので。
 これはこのままでいようかな。
 もしも読みたい!って方がいらっしゃいましたらお声掛けください。
 書くかもしれません。


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

消えない虹

2015.03.26 (Thu)
 「ジェフ!ジェフ!!」
 夕暮れ時、寝椅子でうたた寝をしていたジェフは、急にエレナにたたき起こされた。
 「何だ」
 エレナのこんなに興奮した声は聞いたことがない。
 ジェフは何事かと重いまぶたを開けた。
 「見て!すごいんだから!」
 エレナはジェフの腕を引っ張り、外へと連れ出した。
 外に出てみると、雨上がりのひんやりとした空気に頬を撫でられ、そして、見事なまでの七色の半円が目に飛び込んできた。
 「今日のはでかいな・・・」
 ジェフも思わず呟いた。
 「ねえ、ジェフ」
 エレナはずっと掴んでいたジェフの腕を軽く叩いた。
 ジェフが虹から視線を外し、エレナを見下ろすと、エレナは少しだけ頬を染めて口を開いた。
 「口付けて」
 「は!?」
 突然の発言に、ジェフは狼狽した。
 「・・・私とじゃ、嫌?」
 「嫌って・・・口付けくらい何度もしてるだろう」
 「そうじゃなくて!虹の伝説、知らない?」
 「虹の根元には宝物が埋まってるんだろ?」
 「そういう話もあるけど、両端の根元まで消えることのない虹の下で口付けを交わした恋人達は、ずっと離れることなく一緒にいられるんですって」
 「初耳だ・・・」
 というか、エレナもそんな伝説を信じるのかと、そちらの方が衝撃だった。
 「私は・・・、ただあなたの傍にいられれば、それだけでいい。他には何もいらない」
 真っ直ぐに目を見てそんなことを告げられては、くらくらしない方がおかしい。
 「・・・あなたが背負うものの大きさや重さは私なりに理解してるつもりよ。今は何でか知らないけど、私のところにいてくれてるけど、いつか旅立つ日が来るかもしれないってことも。でも・・・、せめておまじないくらい、したいと思っちゃいけないかしら・・・?」
 エレナはまだ知らない。
 ジェフが命を懸けて守るべき相手が自分自身だと。
 天空の舞姫、セレスティア。
 彼女の本当の名前だ。
 あの虹の元、広い空で自由に、舞うように生きてほしいと願われてつけられた名なのだろう。
 いつかそんな事実を告げる日が来るかもしれない。
 いや、来るだろう。それでも・・・。
 「いや・・・」
 ジェフは泣き笑いのような笑みを浮かべて、エレナの長い髪を梳いた。
 「命のある限り、お前の傍に在ろう」
 「・・・ありがとう」
 それから、二人はゆっくりと唇を重ねた。
 待ち構える未来がどんな形であろうと、今この瞬間を重ね、そのときを迎えたい。
 ジェフはエレナを抱きしめ、そのほっそりとした手を握り締めた。

 儚い七色の光は、日が暮れるまで広い空で淡く輝き続けた。






 歌に感化されて書いてみましたシリーズ第二弾。(第一弾は『The Beginning』)
 吉/岡/亜/衣/加さんの『消/え/な/い/虹』より。
 エレナの言う虹の伝説は新澤が急ごしらえで作ったもので、こっちの世界ではないと思います。
 それを見た者は幸せになれるという、太陽が水平線に沈むときのグリーンフラッシュの言い伝えみたいなものだと思ってください(笑)。
 珍しくギャグらずエロくもならず私にしてはほんわかできたのではないかと!
 ほのぼのしたものを書きたいという目標にもちょっと近づいたかな!?
 って、『消/え/な/い/虹/』の歌詞の力も借りているんですけど(苦笑)。
 「この世で一番近くにいられるだけでいい」
 これは言わせたくてちょこっとだけ変えてエレナさんに言ってもらいました。
 やっぱ作者がデレ属性にあるからかエレナをデレッデレにするのが楽しいし楽だ!
 ・・・初めてジェフ×エレナでほわほわしたお話書いた気がする。
 この二人でもほわほわできるってことだな!
 薄ら暗い背景は置いといて!!

 書いてて楽しかったですv
 よろしければ感想などいただけると喜びます!
 お付き合いいただいてありがとうございましたv


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村

浮気が本命に変わるとき

2015.01.07 (Wed)
初の試み、『赤の紋章』現代版で“if”!!
しかもウィル×エレナ!!
ウィルのターンが来たよ!!




 ある冬の深夜。
 仕事が終わったウィルは、恋人であるエレナのアパートへやって来た。
 突然の訪問だったが、これが初めてではない。
 多少怒られるかもしれないが、追い出されることもないだろう。
 チャイムを鳴らすと、驚いた顔のエレナがドアを開けた。
 「よう」
 「また連絡もなしに来たわね」
 「急に会いたくなった」
 エレナはドアを大きく開けてウィルを中へ通し、どこか複雑な表情で彼を見やった。
 「どうした?」
 そんな彼女の様子に気付いたのか、ウィルはエレナに問いかけた。
 「別に――、何も」
 「隠し事、するなよ。あー、寒かった・・・」
 そう言うとウィルは、エレナを背後から抱きしめ、その洗い立ての髪の香りを吸い込んだ。
 しかしエレナは慌ててウィルから離れた。
 今度はウィルが驚く番だった。
 「お前――」
 「・・・ごめんなさい」
 エレナはうつむき、観念したように呟いた。
 「あなたには悪いと思った。だけど、友達に紹介されて・・・魔が差したの」
 「悪いって・・・」
 「浮気したわ。私」
 エレナは真っ直ぐウィルを見つめた。
 ウィルは愕然とし、言葉を失った。
 「本命が変わってしまったの。ごめんなさい」
 「それ・・・」
 「シャンプー。あなたがあの香りが好きだって言うからあれをずっと使っていたけど、友達に絶対いいからって勧められて使ってみたら、本当に全然違ったの。もうあれには戻れないわ」
 「それくらい髪の香りですぐわかる!そんな話真顔でするな!!ビビるだろ!!」
 エレナはいたずらっぽく笑い、ぎゅっとウィルを抱きしめた。
 「いつも女の影があるあなたに対抗してやりたかったのよ」
 「女の影って・・・向こうが勝手に寄ってくるだけで、俺にはお前以外考えられない」
 エレナは嬉しそうに微笑み、彼の頬にそっとキスをした。
 「私もよ」

 この後二人は、朝まで仲睦まじく過ごすことになる。




 突然の展開にびっくりしました?(笑)
 びっくりしてくださってるといいなv
 ウィル×エレナがギャグになるなんて、現代版じゃなかったら絶対猟奇的な設定になるからこんなお話思いつくなんて思ってもみませんでした。
 元ネタ(?)は、新澤はずっと「結っても跡がつかないくらい芯からしなやかな髪」を目指して、10年くらいあれから浮気しなかったんですが、昨年辺りから「水のダメージから守ってくれるシャンプー」に浮気してみたら案外良くって、本命に変わってしまいました。
 そしたらば学生時代からの友達が、私の髪の香りが変わってしまったといたく嘆いてくれまして、そのことを今でも鮮明に覚えていたので、これは使える・・・!と、ネタにしました。
 ちょっとでもビビッていただけたら嬉しく思いますv
 猟奇的な設定にならずに済んでよかったね、ウィル!!


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村

下戸と酒豪

2014.12.16 (Tue)
 ジェフとエレナが恋仲になって数ヶ月が経ったある日の昼間。
 ジェフは数日前から家を空けていた。
 王族の近況などを調べに街へ下りていたのである。
 エレナの小屋へ帰ってくると、エレナは外で、洗濯物を取り込んでいた。
 その姿にジェフは笑みを漏らし、気配を消して、彼女を背後から抱きすくめた。
 「きゃあっ!?」
 エレナは驚いて洗濯物を取り落とした。
 「遅くなった」
 「びっくりさせないでよ!」
 「気付かなかったのか?」
 「あんたに本気で気配消されたらわかんないわよ!」
 エレナとて決して鈍いわけではない。
 ジェフの気配の消し方がうますぎるのだ。
 「ところで」
 ジェフはエレナの身体を反転させた。
 「恋人の帰宅にお帰りの一言もないのか?」
 毎日一緒にいたのに、ここ数日は会っていなかった。
 エレナはその時間をひどく長く感じていた。
 しかし、驚かされた挙句にそんな言葉を求められた日には、多少なりとも腹が立つ。
 「あんたこそ私に何か言うべきじゃないの?」
 「ただいま」
 素直にそう述べられては、もうやりあう気力も失せてくる。
 「・・・お帰りなさい」
 その言葉を聞くと、ジェフは満足そうに微笑み、ふんわりとエレナに口付けた。
 「酒を買ってきた。飲まないか?」
 「こんな昼間から?」
 「いつ飲んだって変わらないだろう」
 「私、お酒強くなのよ」
 「飲み口のいいものを選んできた。そう強くない」
 ジェフは酒の入った瓶を持ち上げて見せた。
 「仕方ないわね・・・」
 エレナは苦笑して、先にたって小屋へと入っていった。

 
 「嘘つき・・・!」
 エレナはジェフの勧めた酒を一口飲んで、頭を抱えた。
 ジェフが買ってきたのはかなり強い酒で、普通水で薄めて飲むものだった。
 「これくらい、普通だろ」
 ジェフは何でもないような顔をして、一気にマグをあおった。
 彼は相当な酒豪なのである。
 「かなり甘いだろ」
 「甘い・・・けど、強すぎよ」
 エレナはふらふらして立ち上がり、酒を水で薄めた。
 マグにほんの少しいれた酒を飲み終わる頃には、エレナはもはや朦朧としていた。
 それに比べ、ジェフは平然としたもので、
 「大丈夫か?」
 などとエレナに声をかけていた。
 「だい・・・じょう・・・」
 立ち上がろうとして、エレナが倒れかかったところを、ジェフが抱きとめた。
 エレナはすやすやと寝息を立てていた。
 本当に酒が弱いらしい。
 ジェフは苦笑して、エレナを褥に横たえた。
 そのまま立ち去ろうとしたが、これでは苦しかろうと、ブーツを脱がせ、シャツの紐も解いてやった。
 エレナは無意識に大きく息を吸い込んだ。
 そして、ぼんやりと目を覚ました。
 「私・・・」
 「居間で倒れ掛かった。無理に飲ませて悪かったな」
 寝てろ、と言って、ジェフはエレナの頬を撫で、そう言ったが、エレナがその手を捉えた。
 「行かないで・・・」
 ジェフは心臓が止まるかと思った。
 エレナがいまだかつて、こんなに扇情的な声を出したことがあっただろうか、いやない。
 酔っ払いの女の力とは思えないほどの力で、ジェフの腕を引いた。
 ジェフはされるがままに寝台に腰をかけた。
 「ジェフ・・・」
 エレナはやおら半身を起こし、そっとジェフに口付けた。
 「会いたかった・・・」
 ジェフは眩暈がした。
 こんな状況でどうしろというのか。
 その間にも、エレナからの口付けは深くなっていく。
 ジェフはたまらず彼女を押し倒し、深く深く口付けた。
 こんな状態のエレナなど、もう二度と見られないかもしれない。
 ジェフは口付けながら、うっすらと目を開けてエレナを見た。
 長い睫のまぶたはしっかりと閉じられ、素直にジェフを受け入れていた。
 ジェフはエレナのシャツを捲り上げ、その滑らかなわき腹に手を這わせた。
 「やんっ・・・」
 やん!?
 エレナがいまだかつてこんな声を出したことがあっただろうか、いやない。
 ジェフは我に返って上体を起こした。
 こんな状態のエレナを抱くわけには――。
 「やめないで・・・」
 エレナがいまだかつてこんなことを言ったことがあっただろうか、いやない。
 「・・・いいのか?」
 「こんな明るい中・・・だめ・・・」
 どっちだ!!
 ジェフは眩暈を覚えながらも立ち上がろうとした。
 「じゃあ寝て――」
 「行っちゃだめ・・・」
 何なんだ。
 こんな状況で彼女の近くにいて、尚且つ手を出さずにいられる自信など到底なかった。
 「・・・ここにいるなら、抱くぞ」
 「だめ・・・」
 「じゃあ俺は向こうにいる」
 「だめ・・・」
 「どっちだ!!」
 「私が酔ってると思う・・・?」
 「酔っ払い以外の何ものでもないな」
 「酔ってなんかないわ・・・」
 「酔ってるやつほどそう言うんだ」
 「ねえ、お願い、行かないで・・・そばにいて・・・あなたがいない間、時間がすごく長かった・・・会いたかった・・・」
 ジェフは薄目で自分を見上げているエレナをじっと見つめた。
 きっとこれは本心なんだろうな。
 「・・・エレナ、会いたかったのは俺も同じだ。ずっとお前を抱きたかった。俺に離れるなというなら、お前を抱く」
 「・・・・・・」
 エレナは黙り込んでしまった。
 「・・・どうする?」
 ジェフはエレナに覆いかぶさり、囁いた。
 「・・・行かないで・・・」
 「抱いていいのかいけないのか、どっちだ?」
 ここで確認しておかないとあとが怖い。
 エレナの酔いが醒めたときのことだ。
 「・・・抱いて」
 いまだかつて、エレナからこの一言を引き出せたことがあっただろうか、いやない。
 「お前、今言ったこと忘れるなよ。抱いてって言ったからな」
 エレナはこくりと頷いた。
 ジェフは弾かれたように再びエレナに深く口付けた。
 

 初めて昼日中に肌を重ねて、それが終わる頃には夕方になっていた。
 エレナはすやすやと安らかな寝息を立てていた。
 ジェフはその横で何度も彼女の髪を撫でていた。
 しばらくそうしていると、ふっとエレナが目を覚ました。
 「私――」
 「今更覚えてないって言うなよ」
 ジェフは怒鳴られるかと思い、先に予防線を張った。
 「覚えてるわよ・・・」
 エレナは恥ずかしそうに顔を伏せ、ジェフの胸元に擦り寄った。
 「抱いてって言ったのは私よ」
 本当に覚えていたのか。
 ジェフは内心ほっとした。
 「でも」
 急にエレナの声が冷たく低くなった。
 「あんなに強いお酒買ってきたくせに弱いだなんて言う!?」
 エレナはがばっと起き上がり、胸元に毛布を巻きつけた。
 「俺にとってはそう強くないからな」
 「あんたにとって強くなくても普通の人には強すぎるのよ!!」
 王族ってみんながみんな酒豪じゃないんだな、と、ジェフは初めて知った。
 エレナはまだ自分が王女だと知らない。
 「だから無理に飲ませて悪かったと言っただろう」
 「言ってない!そんなこと言ってない!!」
 「お前抱いてくれって言ったことは覚えてるくせにその前は覚えてないのか!?」
 「だって言われてないもの!!」
 「いいや、俺はちゃんと謝った」
 「言って――」
 「もういい、黙れ」
 ジェフはエレナの手を引き、再び自分の腕の中に閉じ込めた。
 「悪かったよ。今度は本当にもっと弱いやつ買ってくるから」
 「・・・お酒は、もういいわ」
 「じゃあ何がいい?」
 「・・・・・・」
 エレナは黙りこくってしまった。
 そんなに高価なものをねだられても、もうそう裕福ではないジェフだ。
 何を言われるのかと思っていたら――。
 「何もいらないから、もっと早く帰ってきて・・・」
 「お前――」
 ジェフはため息を吐いて、エレナの顎を持ち上げ、口付けた。
 そして、再び彼女のわき腹に手を這わせた。
 「ちょっ――」
 「そんなこと言われたら、また抱きたくなるだろう」
 「ってもう無理だから!!」
 「抱いてくれといったのはお前だ」
 「言ったけど!!言ってない!!」
 

 この後エレナは、夜中までさんざんジェフに愛でられることになる。
 もう二度と酒なんか飲むものか――。
 エレナは硬く心に誓った。





何でもランキングでジェフは酒豪だということが判明したので。
エレナさんがここまで酒に弱いとは知りませんでした。
いや、ジェフの買ってきた酒が強かったのか?
何にしろ反語使いまくりで楽しかったです♪


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村

エレナの逆襲

2014.12.16 (Tue)
 冬。
 ひゅうひゅうと音を立てて、エレナの小屋に隙間風が入り込んでくる。
 エレナは、褥の中で丸くなっていた。
 部屋には細々と燃える暖炉と蝋燭が一本灯っているだけ。
 非常に寒い。
 そんな中で、エレナは懸命に眠ろうと努力していた。
 と、そこへ、エレナの後に湯浴みを終えたジェフが褥にもぐりこんできた。
 こうして褥を共にするようになってからどれくらいだろう。
 エレナは一瞬沈みかけた意識が再び浮上してくるのを感じた。
 「・・・寝てるのか?」
 ジェフが身じろぎもしないエレナに静かに声をかけた。
 すると、エレナはふふふと笑って、猫のようにジェフに擦り寄っていった。
 「あったかい・・・」
 「お前・・・、風呂入ったんだろう?何で手やら足やらこんな冷たいんだよ」
 エレナがぴったりとくっついたおかげで、ジェフにその体温が伝わってくる。
 「冷え性なのよ、私」
 ――王家の娘でも冷え性なんてことがあるんだな・・・。
 ジェフは声には出さず、心の中で驚いていた。
 そんなジェフをよそに、エレナは冷えた手で彼の頬を包み込んだ。
 「冷たい・・・」
 「この間の仕返し」
 そういえば先日、冷え切って帰ってきて、エレナの身体で暖をとらせてもらったことがあった。
 しかも、若干無理やり。
 「仕返し、できるのか?」
 挑発的な笑みを浮かべて、ジェフはエレナの冷たい手を取った。
 「え?」
 エレナがきょとんとしていると、ジェフは彼女の寝巻きの隙間に手を滑り込ませた。
 「やっ、だめ・・・!」
 「仕返ししたいんだろう?」
 「だからって何でそっちに思考が・・・!」
 最後まで言い終わらないうちに、ジェフはエレナを組み敷いて口付けた。
 「ジェフっ・・・!だ、・・・めっ・・・」
 「ならそんなに煽るな」
 ジェフは身体を起こし、エレナを開放してやった。
 が、見なければ良かった、と、ジェフは後悔した。
 エレナの襟元も寝巻きの裾も布が捲れ上がって、ひどくしどけない姿にさせてしまっていた。
 「煽ってなんかないわよ」
 「その姿で言うか」
 エレナは自分のはっとしたように姿を見下ろし、慌てて毛布を胸元まで引っ張り上げた。
 「あんたのせいでしょう!!もう、ジェフ、今日は長椅子で寝て」
 エレナは枕にぼふっと顔をうずめながら宣告した。
 「寒いだろ」
 「自業自得よ」
 「お前がだ」
 ジェフはエレナから毛布を剥ぎ取ると、自分ごと彼女を包み込み、背後から小さな背中を抱きしめた。
 そして彼女の冷えた細い手を、自分の手で包み込んだ。
 「こうすれば、寒くない」
 「・・・・・・」
 しばらく、暖炉の薪が燃え崩れる音しか聞こえなかった。
 しかし、やがてエレナが身体を反転させて、再びジェフの胸元に顔をうずめた。
 「・・・あんたってどこまで卑怯なのよ」
 「卑怯?」
 こんなふうに優しく扱われたら、女はたまったものではない。
 わかっていてやっているのだろうか。
 エレナはジェフの手を握り返し、ますますその身体を彼に委ねた。
 「だから、煽るな」
 「仕返しよ。朝までこうしていて」
 「・・・拷問だな」
 「私だってあの日は朝まで付き合ったんだから」
 今度こそ「自業自得」と言って、エレナは悪戯っぽい瞳をジェフに向けた。
 ジェフは苦笑して、ふんわりと彼女の額に唇を落とした。
 「これくらいは許されるんだろ?」
 「許容範囲ね」
 エレナはくすくすと笑い、
 「幸せだわ・・・」
 と呟いた。
 その言葉に、ジェフはぎゅっと彼女を抱きしめた。
 

 たとえいつの日か、彼女の命をその手で奪う日が来るのだとしても、それまでは、もっともっとエレナを幸せにしてやりたい。
 「エレナ」
 ジェフは彼女の耳元で囁いた。
 「愛してる」
 「・・・私もよ、ジェフ」

 



何でもランキングでエレナは冷え性だということが判明したので、“if”やってしまいました☆
もしもジェフとエレナが恋仲だったら。
新澤も冷え性なのでねー、湯たんぽがないと眠れないんです。
今回は人間湯たんぽにされたジェフの図を書いてみました。
ちなみに先日というのは、『今はまだ』と『その手を離したとき運命は変わる』のときのことです。
あ、どっちもイロモノなので閲覧にはご注意ください。
というわけで、エレナの逆襲でした!
読んでくださった皆様に感謝を!!


にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へ
にほんブログ村
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。